【挑戦中】高校受験を塾なしで受かるかブログに記録【勉強方法は?通信教育は?】

塾に行かずに難関高校の受験に受けるのか?ただ今絶賛挑戦中!

耳掃除はしてはダメ?でも耳垢栓塞になったよ・・・

【閲覧注意】
※本文中に耳垢の画像があります。
 苦手な方は、お気を付け下さい。
 さぶいぼモンです・・・(--;

 

花粉やハウスダストの他にも、動物など数種類のアレルギーを持つウチの子。

学校で行われる(抽出者のみの)耳鼻科検診のお知らせが来ました。

 

お知らせの紙には、
“前日はお風呂に入りましょう”、
“耳掃除をしておきましょう”

など、書かれていたのでしばらくぶりに風呂上りに耳掃除をしよう、と話していました。

 

元々、耳掃除が大好きなうちの子。

「もっと、もっと」

とせがむので頻繁に耳掃除をしていたら、遂に外耳炎になった、という数年前の経験と、ネットなどで最近よく見かける『絶対に耳掃除はしてはいけない』という記事に影響されて、1ヶ月くらいは耳掃除をしていませんでした。

 

それでは、とお風呂から出た息子に寝転がるように指示して、耳の穴をのぞいてびっくり!

 

「ふわっ!でっかい耳垢が耳の穴を塞ぎかけてるっ!」

 

息子の耳の穴に見えたのは、まもなく耳の穴を塞いでしまいそうなほど大きな耳垢。

写真に撮ろうにも、穴の中なので上手く撮れず・・・

 

とりあえず反対の耳も覗いてみよう。

と、左耳を除くと・・・

 

「じぇじぇじぇっ!!(古っ)」

 

コチラは右耳ほどではないけど、大きな耳垢が今にも出て来そうな位置でにょろっと横たわっていました。

 

「大きな耳垢が手前まで来てる。引っ張ってもエエかい?」

 

息子の了承を得て、赤ちゃんの鼻くそを取る小さくて先が丸くなったプラスチック製のピンセットでそっと引っ張ってみたら・・・

 

「痛っ!!!」

 

ひーっ!!Σ(゚口゚;

 

「あ、いや、痛くはないけど・・・なんやろう、違和感が・・・」

 

「やめとこうか?

ちょっと(耳垢の)先っちょ顔出しちゃったけど・・・」

 

「え?見えるの?普通にしてても見えるの?」

 

「うん・・・がっつり見える・・・・写真撮ってあげよか?」

 

 

普通にしていても耳垢が見えている状態、に不安を感じた息子。

スマホで撮影して見せてあげた。

 

 

※注意)撮影した画像が出てきます
     ↓ ↓ ↓

 

 

 

     ↓ ↓ ↓

 

 

 

     ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

f:id:e-bba:20190611164118j:plain

 

「えーっ!!!これが見えてるのっっ?!(T◇T;)」

 

息子、かなりショックを受けてます。

 

患部をさらに拡大して、うなだれた息子。

「明日、学校休もうかな・・・」((((_ _|||))))ドヨーン

 

※注意)アップ画像出ます

     ↓ ↓ ↓

 

 

 

     ↓ ↓ ↓

 

 

 

     ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 f:id:e-bba:20190611164123j:plain

(気持ち悪っ!!(>m<;))

 

 

 

とりあえず、検診前にドクターに話してみては?と、何とか説得して、翌日帰宅後すぐに耳鼻科を受診する、で納得させました。

 

 

翌日、朝一番で検診に来てくれる予定の耳鼻科に電話連絡。

今日の検診で診てもらう予定の息子ですが、耳の状態が斯く斯く云々・・・、ドクターにお伝え下さい、と。

 

夕方帰宅した息子に聞くと、
「あの、耳垢が・・・」
と、ドクターに伝えようとしたけど
「はい、はい。分かった、分かった」
と、特に何の処置もないまま左右の耳を目視して終了したらしい。

 

そして、すぐに耳鼻科の予約をとって受診。

特に何の薬剤を使うわけでもなく、ドクターは直接ピンセットのようなもので耳垢を引っ張り出したらしい(@w@;こわっ

 

医者からは特に耳掃除について注意もなにも無かったらしく、今後も耳かきを家ではしない方が良いのか、適度に入り口だけでもした方が良いのかも分からず仕舞い。

 

しかも私は一緒に診察室に入らなかったので、引っこ抜いた耳垢を確認することも出来なかった(T△T)顔を出してたアイツの全様を見たかった~!

 

翌日、学校から帰宅した息子は病院を受診するように、と書かれた色のついた紙を持って帰って来ました。

それには“耳垢栓塞” (じこうせんそく)と書かれていました。

いわゆる耳垢が栓となって耳の穴を塞いでしまってますよ、という症状で、耳鼻科では頻繁に受診される症状の一つらしいです。

そして、耳垢が湿った「ねちゃ耳」(湿性耳垢)の人に多い症状なんですって。

※湿性耳垢の呼び方は、他にも「ねこ耳」「あめ耳」と表現したりもします。

 

耳掃除について少し調べてみると、耳垢が乾いた人(乾性耳垢)なら自然に排出されるためしなくて良いそうです。下手に綿棒などを突っ込むと、よく言われる「耳垢を耳の奥へ押し込んでしまう」状態になるそうです。

粉耳諸君は、今すぐ耳垢習慣を撤廃せよ!です。

 

振動で耳垢を落とし、掃除機のように耳垢を吸いこむという電動耳かきもあります。全然痛くない上に、気持ち良いそうです。評判はすこぶる良いようですが、粉耳の人専用ですナ・・・

 

しかし、私も含めウチの家族のように湿性耳垢の人は、耳垢が溜まりやすく定期的(月に1~2度)に適度な掃除が必要だそうです。“適度”とは、耳の穴付近だけをクルッと優しく、耳かきを使用しても奥行は1cmくらいを目安に優しくかき出すような感じで行います。

耳の穴の中には迷走神経(めいそうしんけい)という快感を得られる神経が走っているそうで、ついついやり過ぎてしまって外耳を傷つけてしまう人も多いそう。

ウチの子が「もっと、もっと」とせがむ訳が、ようやく分かりました(^^;

 

とはいえ、耳掃除は立派な医療行為として国からも認められているモノなので、「耳掃除くらいで・・・」と思いがちですが、遠慮せずに耳鼻科へ行くべきだと、耳鼻科の先生も言ってました。

 

でも、「出来れば病院なんか行かずに済むのなら、耳掃除くらい家で済ませたい。」が本音。

そこでアマゾンで見つけました!すごい良さそうな商品を!

 

耳かきとカメラが一体化したもので、めちゃくちゃクチコミ評価が高い(99%が★×5)!しかも3,290円!安い!

 これ、絶対欲しい!今すぐポチろう!

今後は月に一度くらいの頻度で息子の耳の穴をのぞいてみようかと思います。

 

また、手元に届いて使ってみたらレポートしたいと思います(♡m♡)わくわく~